【告知】全日本女子選手権 浦和サポートエリア


以下コピペ


==========================================================
元日、ガンバサポ側の意向で
浦和サポの入場並びに変更があります。

変更後の予定
・青山門に並び入場(ベレーザと同様)
・列整理は7時半を予定
・開門は9時半を予定
・観戦エリアは24〜25ゲートよりメインに回らない
※衝突エリアが設けられる予定のため係員対応
・断幕は観戦可能エリアの中断てすり部および後段
※最前列は禁止

ガンバ側は「前座試合」の際にエリアを譲る気はないそうです。
また、上記により千駄ヶ谷門からの入場は要自粛です。

全女決勝が終わるまではガンバは幕を張らない方向で
サッカー協会と調整中だそうです。
===========================================================


くれぐれも無駄なトラブルのないように。

SHINE A LIGHT


そんなことで新年早々行ってきましたよ

映画の日・・・元旦も関係なく適用なことを忘れてて
前売り券使っちゃいました・・・お姉ちゃんももぎる前に言ってよ・・・

そんなことでミソつけちゃいましたが
映画自体は評判に違わず満足満足でした
来客の年齢層は高めって聞いてたけど結構若い子もいましたね

奇跡?の初来日から約20年過ぎて
またこんなのが観られるなんて幸せですね

キースが俺だけの眺めってチャーリーのバスドラ覗き込むところ
あれ良かったなぁ

あとバディ・ガイが何気にキースの物真似してるのw
やっぱり20年弱前に来日した時のLIVEでBBキングやらの
物真似をステージでやってたの思い出してちょっと笑えたw
また来ないかなぁ〜
それはともかくバディ・ガイの場面でトイレに立つ人たち
もったいねーぞ

これ2度3度観られる映画だしやってるうちにまた行きたいなぁ
バウスでもやるみたいだし(1/10〜)今度は吉祥寺にしよっと

クロアチア2−1ドイツ 番狂わせ?妥当?


個人的にはクロアチアを応援しているので嬉しい限りです
ドイツの中盤とサイドを制圧したサッカーは素晴らしかった。
こういう良い試合を地上波で放映しないのはもったいないなぁ

ドイツにここでいなくなられてもつまらないので
次のオーストリア戦はしっかり勝ち上がって決勝トーナメントで再戦といきたいものです


http://www.plus-blog.sportsnavi.com/nogomet/article/71
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080613-00000011-ism-socc
[EURO2008]クロアチア 2-1 ドイツ(2008/06/12) - YouTubeサッカー動画紹介ブログ
巻き返しを誓うレブ監督

クロアチアのスラベン・ビリッチ監督
素晴らしい試合だった。闘志を全面に押し出すだけでなく、素晴らしいサッカーを披露した選手たちを褒め称えたい。もちろんいいプレーをするよりドイツを倒す方が重要だ。彼らは偉大なチームで、引き続き優勝候補の一つであることに変わりはない。ドイツに主導権を与えないことを目指してプレーした。私にとってこの勝利は、ウェンブリーでイングランドを倒したときよりも、大きな偉業と言える。現在のチームと私がプレーしていた1998年のチームの類似性について、いまだに聞かれることがあるが、私に言えるのは、同じクロアチア人であり、私たちはファンのためにプレーしているということだ。ただ、このような気持ちで戦っているのは私たち(現在のチーム)だけではない。それは 1998年のチームも、現在のチームも同じだ。私たちは常に情熱的であり、それは変わらない。もし変わりたいと思ったとしても無理だろう。ベンチには私のように常に動き回るコーチがいることだしね。私はピッチのそばまで近づいてアドバイスを与え、試合に参加したいんだ。

すでに敗退が決まったスイスを除き、全てのチームに優勝の可能性がある。現代サッカーでは、実力の差はほんのわずかしかない。ルカ・モドリッチについては、彼は大会が始まる前からスターだった。私は彼をヨーロッパ最高のプレーヤーだと言い続けてきたが、チーム内には他にも素晴らしい選手が揃っている。彼らは毎日のトレーニングや試合で、ワールドクラスであることを証明してくれている。

ドイツのヨアヒム・レブ監督
言うまでもなく、私たちは試合に負けてがっかりしている。ゲームを振り返ってみれば、敗れて当然だったと思う。チームとして、クロアチアを脅かすだけの正確性もスピードも持っていなかった。コンビネーションもうまくいかなかったし、流れるようなプレーもできなかった。クロアチアは先制した後、自陣に下がってプレーしていたが、私たちは彼らの守備を突破できなかった。それが敗因だ。向こうがこちらの選手たちのリズムを崩しにかかってくることは分かっていた。試合前、クロアチアは中盤を厚くしてくるだろうと選手に話していたが、正にその通りになった。残念ながら私たちは、ロングボールやクロスを多用して、あまりに正直な攻撃をしてしまった。ここ数年は、勝ち続けてきたわけではなく、たくさんの敗戦も経験してきた。そしてチームはそのたびに挫折を乗り越えてきたし、今回も巻き返すことができると信じている。勝っていれば準々決勝進出に大きく近づいていたはずだった。だが、16日のオーストリア戦ではもっといいプレーができると信じている。

メールけいしちょうより

6月8日の秋葉原で発生した事件で、ケガをされた方の救助に協力していただいた方に、B型肝炎感染の疑いがあります。
大至急、万世橋警察署の代表電話(03-3257-0110)にご連絡ください。